シロアリの繁殖と駆除のコストを抑える効果的な手段

賃貸物件で発生する小さいシロアリによる大きな被害

マンションのシロアリに要注意~現地調査から始めてみよう~

一戸建てだけではない!~シロアリ被害は賃貸物件にも発生~

シロアリは、一戸建てだけではなく、マンションやアパートなどの集合住宅にも被害を与えます。家屋倒壊のように大きな被害になってしまうと、修繕費用は非常に高額になってしまいます。これまでの被害状況の例をこちらで確認してみましょう。

大工もびっくりの集合住宅のシロアリ被害

見積もりだけをして、現地調査をしていなかったみたいです。(40代・建築関係)

シロアリ業者に依頼したのですが、見積もりだけ行ない、しっかり現地調査をしてくれなかったみたいなんです。そのため、駆除の必要があるのか、部材の交換が必要なのか、まったく把握することができませんでした。私のように、事前調査をせずに見積もりだけが進みそうな場合は、専門家による調査希望の意志を伝えたほうが良いですよ。

シロアリ対策を万全にするなら、種類別の方法を考えておきましょう。(50代・建築関係)

シロアリ対策を始める場合は、種類別に遭った対策を施すことが重要になります。従来までイエシロアリは、南の暖かい地域を中心に生息していましたが、ここ最近では名古屋市内でも発見されていますよ。また、ヤマトシロアリの生息も北に伸びてきているので注意が必要なのです。ヤマトシロアリとイエシロアリでは、対策方法が異なるので、それぞれに対する対策を考えないといけないですよ。

住民に快適な環境を提供する義務~大家が出来るシロアリ対策~

迅速な対応が解決のカギ!まずは現地調査をしよう

木材

シロアリ被害を発見したら、まず現地調査をして被害状況をしっかり確認するべきです。専門業者なら、生息している場所を確認して最適な対策方法を提案してくれます。

実際の点検では何をするの?

建物周辺の確認

まずは建物の周りを確認して、被害の要因になりそうなまくら木や木棚などを確認していきます。トイレやお風呂場などの水周りは、湿度が高くなりやすいので、念入りに点検していきます。また、玄関の木枠や框なども被害に遭いやすいポイントなので、異常がないかどうかチェックします。

床下進入口を確保

次にキッチンや洗面室などに床下収納庫がある場合は、取り出し、床下侵入口を確保して確認していきます。シロアリは、温度や湿度が高い場所に好むので、床下に生息しているケースが多いのです。床下収納庫がない場合は、和室の畳を上げて、荒板を外して侵入口を確保してから点検します。

床下チェック

床下をチェックするときは、図面と懐中電灯とデジタルカメラを持って侵入していきます。下に潜ったら、被害の有無や、土壌やコンクリートなどの状況。配管の漏れなどを確認します。点検が終わった後は、デジタルカメラで撮影した写真を見ながら、点検の内容や床下の状況を説明します。

コストをかけずにシロアリ対策!大家なら知っておきたい雑損控除

資産に被害が発生したら雑損控除を活用しよう

電卓とお金

シロアリ駆除を行ないたいけど、費用が気になるという方は多いです。駆除の費用に活用できるのが、雑損控除です。シロアリ駆除は、法律上「害虫その他の生物による異常な災害」として当てはまるので、駆除にかかる費用は雑損控除の対象となり、一定の所得税控除を受けることができるのです。

TOPボタン